きっとマリア様も

スポンサーリンク

キリストが誕生するときのエピソードとして
誰でも知っているものが馬小屋で生まれたことだろう。

マリアは許婚ヨセフとまだ結婚する前に
天使ガブリエルに導かれ

「恵まれた女よ。おめでとう。貴女には神の子が宿っている。」
と妊娠を告げられるシーンは
「受胎告知」として多くの画家によって描かれている。

まだ正式に結婚していないマリアは、
当惑しながらもその天使のお告げを従順に受け入れたのだ。

il26.gif

家族や親戚、そして世間の人がなんと言おうが
マリアはお告げに従い母になることを受け入れた勇気に驚く。

そしてその瞬間からマリアは世を救う「救世主」となるであろうと
予言されたわが子の誕生を待ち望み、
ひたすら慈しむのだ。

また同時に驚くのはヨセフの心の柔軟さである。

許婚ではあるものの、まだ夫婦ではない二人に子どもができた。

しかもその子どもは神の子であり、
妻となる人の胎内にすでに宿っている

曲がったことが嫌いなヨセフは悩む。
しかし神の意思であればとマリアと共に受け入れ、

結婚しお互い助け合いながら生きていくのである。

聖書にはイエスの父は神であると明記しているが、
それでもイエスをわが子とし、
父としてしっかりと育てて行ったのは、
非常に立派なことではないだろうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。