お釈迦様が母の胎内に宿るときー仏陀の伝説

スポンサーリンク

今から約2500年昔、
ヒマラヤ山のふもとにカビラという釈迦族の小さな王国があった。
その国の王子として4月8日、お釈迦様は生まれたと言われている。

このお釈迦様が
母親であるマーヤ妃の胎内に宿るときのエピソードを紹介したい。

ll30.gif

釈迦族の祭りの最後の夜、
マーヤ妃は不思議な夢をみる。

四天王が
(仏の四方を固く守る守護神といわれ、
東方が持国天、南方が増長天、西方が広目天、北方が多聞天。
その姿は甲冑をつけた憤怒の武将姿であり
邪鬼を踏みつけた力強い姿として知られている)

寝床ごとマーヤ妃を連れ去ると、
沐浴をさせて黄金の宮殿に横たわらせた。

すると鼻に白いハスの花を持った白象が、
横たわる妃の周りを右回りに3回まわり、
右のわきから胎内に入ったという

仏陀の受胎を物語る摩訶不思議な夢であった。

当時カースト制度の最高階級に属し、
ヒンドゥー教やバラモン教の司祭でもあったバラモンたちは
この夢の話を聞き、

この妃から待ち望んだ聖者が生まれると確信したそうだ。

のちに世界的に偉大な宗教者として知られるようになる仏陀が、
この世に生まれるよりも前の、
母の胎内に宿るときのエピソードが伝えられていることは
大変興味深いことである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。