教育とは大きな投資

スポンサーリンク

教育とは単に塾に通わせることや
テストでいい点数をとるためのものではない。

経済的に多くの負担をかけることが
教育への投資ではないのだ。

人間は偉大な存在だ。
どこに行っても自分と言う人間はたった一人。
この世界、宇宙の中で唯一無二の人間をいかように育てるか。

そして教育によって能力を開発し、
それを世のため人のために用い、
役立てることこそが最終目標ではないだろうか。

自分や家族たちの見栄やプライドを満たすためのものだとしたら
あまりにも視野が狭すぎる

そしていい結果を生み出すことは至難の業だろう。

ne24s.gif

近代の歴史に目を向ければ、
明治維新時に日本は欧米列強に追いつき追い越そうと、
どれほど教育に力をいれただろうか。

優秀な人材を見つけては海外に留学させたり、
諸外国から外国人教師たちを破格の待遇で招き、
すぐれた技術・学術を学ぼうとした。

身分制度を廃止し、
旧身分に関わらず優秀な人材を探しだし教育したのである。

それは男性のみならず時には女性であっても機会があった。

わずか7歳で米国に留学した津田梅子は、
のちに帰国後苦心の末に女子英学塾(現:津田塾大学)を設立したのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。