中国人は学問と事業を同列に考える

スポンサーリンク

中国人男性と海外留学中に知り合い、
結婚した知人が何人かいる。

文化の違いゆえ、
中国人の考え方には驚かされることが多いのだが、

実際に彼らの歴史を紐解くと驚愕するような史実のオンパレードだ。

そのご主人方がおっしゃるには、
中国人は経済的な成功を求める実業家としての道と
学問を追及する学究者としての道は同列だと言うのだ。

ne26s.gif

ええっ?と私は驚いた。
日本ではなかなかそうは考えられない。

商人として成功した生活と研究者を生業としての生活は
あまりに違うように思えるからだ。

実際に娘の通う学校のクラスでも
会社経営者のお宅の子どもと大学クラスの研究者の子どもでは
習い事も持ち物も相当違う。

そう私が話すと、彼の答えは意外であり、
驚きと納得だった。

成功した商人と学者は、
世間からは同様に尊敬を受ける対象である。

商人が成功し続けるためには、
また一流の学者であるためには、
並の努力ではだめなのだ。

そして人として清廉でなくてはダメだと言い切る。

ずる賢く立ち回って一時的な成功を収めても脆いものだと。

そして成功した商人はさらなる成功のためのアドバイスを
一流の学者に仰ぐ。

その学者になる人間がいなくなったらどうなると思う?と言われ、
なるほどと頷いてしまった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。