生まれる前からの全人教育

スポンサーリンク

中国や韓国では、生まれたときにすでに1歳とする習慣がある。
最近は満年齢が浸透してきたようだが、
彼らにとって妊娠期間中の母の胎内での9ヶ月はすでに命としてカウントされているのである。

なるほど「胎夢」というジンクスもこうした考え方の基にあるのだろう。

それでは「全人教育」とはなにか?

il50.gif

玉川学園創立者であった小原國芳氏によれば、
健やかな身体と自活できる力を持つ
「調和の取れた人格」をはぐくむことであり、
そのためには、宗教の理想である「聖」、
身体の理想である「健」、
生活の理想としての「富」
、さらには「真」「善」「美」を加えた、

この6つの価値を創造することであると述べられている。

簡単に言ってしまえば、
人間の持つ善き素晴らしい力を
大切にはぐくもう
と言うことになるだろうか。

胎児がそんなことがわかるの?
という疑問を持つ方もいらっしゃるだろう。

しかし、である。

まだおなかの中にいるからこそ、
思ったよりもずっと楽にできるのだ。

まだ見ぬ大事な赤ちゃんの存在全てを肯定してあげることは
なんと穏やかでやさしい時間ではないだろうか。

妊娠中のおなかの中の胎児は、当然ながら夜泣きもしない、
突然泣き出したり親をオロオロさせたりもしないのだから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。