あるがまま―胎教ならだれでも完璧にできる!

スポンサーリンク

あるがまま―お腹の赤ちゃんのあるがままを認めてあげることは、
誕生を待ち望み、心から大事に思う気持ちがあれば誰にでも出来ると断言できる。

よりよき人生を生きて欲しい
わが子の幸せを願う気持ちを持たない母親がいるだろうか?

それならば、ただひたすら妊娠中に胎教を実践してみることだ。

ただそれだけのことである。

il55.gif

何も今から難しいことを覚えたり、考えたりすることも必要ない。
文盲がほとんどいないといわれる日本である。

ひらがな、カタカナの読み方をお腹に向けて言葉で語るだけでも充分だ。

教えることに構える必要もなし
―やさしくゆっくりと語りかけるだけなのだから。

本当に理解できたのか、当たり前だがテストする必要などあるわけがない。

動き出したら「なんて元気な子なの!」
「大きくなったら何のスポーツが得意になるのかしら?」
と語りかければそれでいい。

お料理に関心があるのなら
「これは餃子というお料理でお母さんが大好きなの。」
「元々は中国でつくられたものなのよ。」

手先が器用ならば
「今あなたが生まれた時用にかわいい靴下を編んでいるのよ。」
「これがピンクという色。きれいでしょう。」
と、こんな具合である。

全てが母のペースで進められる、
妊娠時の胎教は最高に楽な教育なのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。