胎内で赤ちゃんはじっと耳をすましている

スポンサーリンク

胎内で赤ちゃんはじっと耳をすましている

胎内で赤ちゃんはじっと耳をすましている

受精して出産までの約9ヶ月、
通常37週間も
母の胎内ですごす赤ちゃんにとって
初めて他者の存在を知覚するのはどんな時なのだろう。

妊娠期間中、
温かい羊水に包まれながら
聞こえてくる母の声。

 

それはとても強烈で新鮮で、
そして一番身近であり、

まさに胎児の「全て」

 

と言い換えることが

できるものなのでは
ないかと思う。

 

胎児の発育について

医学的に説明されている文献から
調べてみると、

 

 

妊娠2ヶ月目

―妊娠4週から7週目―

は器官形成期と呼ばれ、

身体の主な器官ができはじめる。

 

たとえば、
中枢神経や心臓、上肢、下肢、目、

そして耳などは
この月の前半には

すでにあらわれはじめ
形成されていく。

 

4週目には
心臓が動き始め
心拍が確認できるようになる。

 

胎嚢と呼ばれる
小さな袋が形成され

その中で
羊膜に包まれた胎芽は

小さな魚の形をしている
と言われている。

 

全長2センチにも満たない、
3~5gの小さな命。

 

 

その中でそれらの器官は、

時には母となる女性が
妊娠したことにまだ気がつかないうちから

黙々と発達していくことのだ。

il36.gif

この命の強さと
たくましさ、

 

その輝き

 

ーそういったものを
自身の身体で、

胎内と呼ばれる神聖な場所で
育んで行く母体に

生命の神秘さを
感じるのは私だけだろうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。