全身で感じるのは母親の心の状態

スポンサーリンク

喜怒哀楽、その全てに脳内の反応が起こるのは勿論、
様々な脳内物質(ホルモン)が分泌されることが近年研究され、
わかるようになってきた。

例えば不安や恐れ、緊張や興奮時にはアドレナリンが、
快感や満足にはドーパミンがーといった感じである。

それらの感情によって私たちはさらに様々な身体症状を引き起こしたりする。

私などの場合は、激しいショックを受けると吐き気や頭痛、
ひどくなると床に臥してしまうほどだ。

ll26.gif

強いストレスを受けるとそのホルモンが分泌され、
さらには「悲しみの涙」にその物質が
溶け込んでいるということも報告されている。

妊娠期間中も女性は日々の生活を送っている。

その時間の中で、母の心の状態を全身で感じるのは
胎内の赤ちゃんではないだろうか。

それならば、胎児のためにも自分のためにも必要のない悪感情、
切り替えられるものならすぐに切り替えられる
心のスイッチをどんどん作っていくべきではないかと思う。

聖書にもある有名なフレーズ
「暗いと不平を言うよりも進んで灯をつけましょう」

暗いと嘆いていてもいいことは一つもない。

これは妊娠期間中の胎教として、
母親にもそして子どもにも必ずいい結果を与え、
人生を乗り切っていく力になると信じている。

保存

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。