何者にも汚されない、真っ白な胎児の心

スポンサーリンク

胎児はいとしい

身体の奥深く胎内に
守られている赤ちゃんにとって、

母親以外からの外部からの刺激は
妊娠後期までは
ほとんどないと言っても過言ではないだろう。

母の胎内の中で、

まさに純白といってもいい心で、
ひたすら母を信頼している。

 

 

そこには疑いも、
悲しみも一切なく、

 

一瞬一瞬、
身体の様々な機能が
作り上げられて行く時間なのだ。

 

そのための
大事な栄養源は
母親から自然に運ばれてくる。

 

 

なんという偉大な
自然の摂理であろうか。

 

 

母が食べて
美味しいと思ったもの、

 

可愛い子どもを
産みたいと思う気持ちから

 

必要な栄養分が
含まれている食物が

 

母の体内から
子どもに自然に運ばれて行く。

 

この素晴らしさを
どれだけの人が
感じることが出来るだろう。

 

だからこそ
赤ちゃんはなんの疑念もなく

ただただひたすら
母を信奉していく。

 

母が全てであり、
母こそが自分の命を、
その存在を支えていってくれる
存在なのだから。

 

胎児はいとしい

 

例えは悪いが
子どもの頃、

捨て犬が可哀相で
いつも学校帰りに
その場所によっては、

残した給食のパンを
あげ続けたことがある。

 

3日くらい経つと
私が近くにきただけで

純真な眼差しを
輝かした姿を思い出す。

 

あの子犬ですら、

私を全面的に
信用してくれていたのだ。

 

それを思うと
今も涙が溢れそうになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。