胎児の脳の器官はどんどん発達していく

スポンサーリンク

胎児の脳の器官はどんどん発達していく

聴覚、視覚、味覚、触覚、嗅覚、
五感と言われるものは
脳が支配していると言われている。

身体全ての総司令室であり、

総司令官でもある脳の働きは、

現代の医学でも
全てが解明されていない。

 

妊娠4ヶ月目くらいからは
頭はピンポン玉ほどの大きさになり、

脳も急速に発達し、

 

一番原始的な感覚である

心地よい

 

という感情を

胎児が感じ始める
とも言われている。

 

また、まだ脳の表面には

しわはなくとも
大脳、小脳、

それに記憶をつかさどる
海馬も形成されはじめる時期。

 

しかし頭が良い、悪いは

 

単なる勉強の出来の
良し悪しだけではないと思う。

 

他人の心を
慮ることの大切さ、

総合的な社会的知性の高さは

近年
EQ(=Emotional Intelligence)という言葉で表されるが、

 

どんなに難関校に合格できても
これだけでは
頭がいいワケではないのだ。

 

EQを構成する3つの要素である

心内知性、
対人関係知性、
状況判断知性、

 

そしてこれらの知性が
どれほど備わっているか、

またその知性のバランスが
どの程度良いかー

 

ということで

 

このEQの高さは
決まるのだそうだ。

05sozai1.gif

どんどん発達して行く胎児の脳。

 

その胎児の時代
こうしたEQの高さも
大きく関わっているのではないだろうか。

保存

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。