スポンサーリンク

夜泣きを一度もしなかった長女

若くして結婚した妹の産んだ姪は、 ミルクを飲んで30分くらいするとすぐに泣き出した。 さらには夜泣きも加わり、ホトホト困り果てた姿をみていたので、 乳児期とはなんと大変なのだろうと思っていた。 長女を産んだときすでに40歳近かった私にとっては、 ただでさえあまりない体力が果たして続くかどうかもとても心配だった。 さて病院から戻ってきて、 いよいよ本格的に育児が始まり驚いたのは

続きを読む

早く逢いたいよと何度も話しかける

今の時代は胎児の頃から3Dもしくは4Dで はっきりと顔も表情もわかるまでになった。 長女のころはそこまでの設備はなかったが、 それでも胎内でどんな姿でいるのかが知ることができたことはなんとも嬉しい医学の進歩である。 ドクドクドク・・・と心拍音をききながら、 検診のときはいつも心の中で叫んでいた。 「**ちゃん、早く逢いたいよ・・・。 どんな声で泣くの? 爪の形は

続きを読む

アルファベットは楽しい象形文字

さて、ひらがなに比べたらアルファベットはどうだろう? 例えば英語読みだとして ネイティブのように発音できる人は日本で生まれ育った場合、 それほど多くはないだろうが、 カタカタ読みなら大部分の人ができる。 大文字に限っていえば、実に楽しい形のオンパレードだ。 小さな子ども相手にクッキーなどを作るセットなどには、 星や花などの他にアルファベット文字の型も多い。

続きを読む

本格的な胎教を考えているのなら「家庭保育園」がおすすめです。

お母さんが、お腹の赤ちゃんに語りかけること、 優しくお腹をさすってあげること。 お腹の赤ちゃんをいつくしんであげること。 それが一番の心の「胎教」だと言えるでしょう。 そして、さらにもう一歩進んだ、 知育面、情操面での向上をお望みの方は、 一度、ビッテ式 家庭保育園 の胎教教材にアプローチしてみることをおすすめします。 妊娠中は出産前なので比較的時間にも心にも余裕が

続きを読む

何でも話しかけよう

愛情の反対語はなんだろうか? マザーテレサをはじめ、多くの宗教家が語るには「無関心」だと言われている。 愛情と関心の中心である胎児には、 とにかく話しかけてあげよう。 何をはなしかけるのか。 なんでもいいのである。 自分がしていることをわかりやすく説明したり、 きれいな青空や夕焼け、星、景色、 何でもおしゃべりの対象になるのである。 「まあ、このケ

続きを読む

疲れたときは胎教クラッシック

これまでも胎教によい音楽、特にクラッシックの効用については何度か書いてきたが、 これは実体験として効果が実感できたからこそ、紹介したいと思う。 最初にことわっておくが、 私が生まれ育った環境が音楽一家だとか、 両親のどちらかが音楽に関係する職業についていたわけではない。 それよりかは全くクラッシックのクの字も関係のない家庭だった。 当然ながら小学校時代に多少ピアノこ

続きを読む

逆子だった長女

37歳の高齢で出産した長女は、最初は正常だったのだが、 4~5ヶ月頃から逆子になってしまった。 周囲には出産直前まで逆子がなおらず、 結局は帝王切開で出産した知人も多い。 「逆子ですね~」定期健診のたびに 医師がそうカルテに記入していく。 逆子とはなんなのか、 医学書を開いたり、インターネットで調べると、 確かに母子共に大変なことであることが判明した。 一番納

続きを読む

悲しい曲や激しい口調は厳禁!

アメリカの天才4姉妹を胎教をし産み育てた スセディック夫婦の信念の一つに 「悲しいことや苦しいことは胎児には教えない」というのがあった。 なぜなら、この世に生まれ、生きていく過程の中で 必ずそういったことに遭遇せざるを得ないからだというのだ。 それならば、早くからそういったマイナスの感情を刺激するようなことは やめようということで二人の意見は一致していたと言う。

続きを読む

使う言葉も音楽もきれいに

妊娠中の胎教として、 母の胎内で音を感知し、さらには母の感情まで感じることができる胎児に 貴女ならどんな「音」をきかせたいだろう。 きれいで穏やかなもの、気持ちが明るくなるものであることは当然である。 また時々こういう経験をしたことはないだろうか。 整った容姿なのに、話してみるとガックリきてしまう女性。 口から出る言葉遣いの悪さだったり、 非常に乱暴な口調で話したり。

続きを読む

胎教 知育 教材 人気1位…家庭保育園 (知育系)

本格的に胎教を実践されたい方は【ビッテ式家庭保育園】が一番おすすめです。 胎教の音楽、絵本、知識、呼吸法、 そして、聴診器のような形をしたプリガーフォンまでセットされています。 アフターフォローも万全。 安心そして、確実に胎教をすすめられることでしょう。

続きを読む

音は無限の力を持つ?

音とは何だろう? 難しい科学的概念は説明できないが、 人は朝から晩まで「音」に囲まれて生きている。 喜怒哀楽、人間のありとあらゆる感情を様々な形で表現できるのも音である。 その音を表現することを、 音楽家として生業にする人もいる。 また口からでる音―言語を通訳する仕事もある。 どの国の歴史の中にもそれぞれの時代によって楽器がつくられてきた。 「耳なし芳一

続きを読む

国際結婚の友人たちの体験談

国際結婚をした友人たちが多い。 旦那さんたちの国籍は多岐にわたる。 長い年月の中では様々な波風もあったかもしれないが 今も結婚生活を継続している彼女たちの妊娠体験は面白いものが多い。 夫の国に住んでいると食生活が異なることがほとんどだ。 妊娠してつわりなど始まると、 食べ物の好みが変わり非常に日本食が恋しくてたまらなかったとか、 いつもなら大好物の現地の食物を全く

続きを読む

母親とおなじものを食べている胎児

食物が、人間の肉体はもちろん精神的にも多いに作用しているということは 今更言うことではないだろう。 食生活についての良し悪しはここ近年次々と新たな説が出て来ている。 しかしどの説にも共通している部分として、 新鮮な野菜や果物が大事であること、 上質のたんぱく質と炭水化物の摂取、 飲用水の質と重要さ、 そして当然ながら農薬や添加物には充分な注意を払うこと に集約できる

続きを読む

鮫島浩二著 【わたしがあなたを選びました】

妊娠中の胎教としてのイメージトレーニングに、 そして何より、産前に不安を感じた時や、 産後に育児が辛くなった時にぜひ開いて読んで欲しい一冊です。 鮫島浩二著 わたしがあなたを選びました ほんの少しだけ引用いたします。 おかあさん、 あなたとわたしはひとつです。 あなたが笑い喜ぶときに、私は幸せに満たされます。 あなたが怒り悲しむときに、私は不安に襲

続きを読む

ジツコ・スセディック著 【胎児はみんな天才だ】

ジツコ・スセディック著の「胎児はみんな天才だ」は、 胎教に少しでも興味がある方や、 これから胎教を始めたいと思っている方に、 きっと役に立つ、基本の一冊となるでしょう。 胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異 この本は、 4人の天才女児を産んだ日本人女性の胎内教育の記録や、 妊娠中に胎教を行う上でのポイントなどが書かれてあります。 特に、「受

続きを読む

ひらがなって面白い―胎教教材―身の回りの全てが教材だ!

ひらがなは元々は漢字であったものをくずし、 庶民にも読み書きができるようにと 弘法大師が考案されたものだともいわれている。 東アジア文化圏と呼ばれる諸国は、 中国の影響が強大で自国の言語には大量の漢語が入っていき、 長い間読み書き全てを漢字と定めていた朝鮮半島も 李氏朝鮮時代の名君世宗によって オリジナルの文字を創り上げた。 ベトナムも同様だ。 漢

続きを読む

知ることは楽しいこと―胎教教材―身の回りの全てが教材だ!

こどもたちが好きな漫画を見ると勉強=嫌なこと、 という考え方が定着しているように思う。 これに対して腹を立てているのは私だけだろうか。 ドラえもん、ちびまるこちゃん、さざえさん・・・ 日本を代表する子どもたちを含めた家族たちを描く 人気アニメの主人公は全員勉強が苦手で、 テストの点数も悪い。 これは主人公が勉強が苦手だということを設定することで 視聴者に「共感」

続きを読む

毎日聞こえる母の声

妊娠4ヶ月で機能し始める耳 ―最初聞こえるのは一心同体である母親の声だ。 その声は胎児にとってはじめてとも言うべき大きな刺激だろう。 前にも書いたが、6-7ヶ月頃には母親以外の声や物音も 感知し始めるというのだから、 母の声なのか、他者の声なのか すぐに判別できる能力が備わることになる。 それならどんな感じに、 どんな風に母の声をきかせてあげたいと思うだろう

続きを読む

身体の器官の胎内での発達

あれ、生理が来ない、妊娠したかな?と 妊娠チェッカーで反応が出るのはほとんどが妊娠4週ころからだ。 実は驚くべきことにその頃にはすでに上下肢もできはじめ、 目や耳の形成、さらには胃、肝臓、腎臓、腸などの内臓も 分化しはじめるのだ。 さらには心臓が動き始め超音波で心拍が確認できるようになり、 脳脊髄のもとになる神経管も6週頃には完成し、 この神経管がやがて発達して脳を形

続きを読む

母は強し、これは古から

女が弱いのは体力(腕力)だけか? と思うことも多々ある今日この頃だが、 母であること=強いことは人類の歴史が語っている。 一例として「流れる星は生きている」藤原てい著をあげてみたい。 これは終戦後満州から日本に引き揚げてくるまでの 生死をかけた凄まじい実録だが、 その中でひときわ光るのは著者藤原氏の母としての言動である。 一番心に残るのは命からがら日本にたどり

続きを読む

きっとマリア様も

キリストが誕生するときのエピソードとして 誰でも知っているものが馬小屋で生まれたことだろう。 マリアは許婚ヨセフとまだ結婚する前に 天使ガブリエルに導かれ 「恵まれた女よ。おめでとう。貴女には神の子が宿っている。」 と妊娠を告げられるシーンは 「受胎告知」として多くの画家によって描かれている。 まだ正式に結婚していないマリアは、 当惑しながらもその天使のお告げを

続きを読む

お母さん、貴女に逢いたくて産まれて来たのです

子どもが親を選んで生まれて来るという、 経験から確信した産婦人科医が書いた本は隠れたベストセラーである。 そしていつ読んでも、 特に女性の心を揺さぶるものがちりばめられている。 思春期ごろから、 私自身どうしてここに産まれて来てしまったのだろう?とか、 好きで生まれて来たわけではないのに・・・と 今思えば大変罰当たりなことを考えていた。 もっと○○であればよ

続きを読む

ある産婦人科医が書いた本から

「わたしがあなたを選びました」という本をご存知だろうか? 臨床経験豊富な産婦人科医が書いた本である。 ちょうど長女が生まれた頃、 取り寄せて読みだすと涙が止まらなくなった。 生まれて来る子どもの視点で、 両親に、特に母親に語りかけている内容である。 一部だけ紹介させていだだくと、 「おかあさん、あなたとわたしはひとつです。 あなたが笑い喜ぶときに、私は幸せに

続きを読む

胎児にとって母親は絶対の存在

人類の歴史の中で、20世紀から21世紀の間に大きく変わったものの一つに 生殖医療があげられるのではないかと思う。 なかなか子どもを持つことが出来ない夫婦も 今では驚くほど進歩した治療のおかげでわが子を抱くことが可能になった。 数年前には60歳の女性が出産した。 また不幸にも子宮を失ったタレントが米国で代理母をお願いし 双子の男の子を産んでもらったのも記憶に新しい。

続きを読む

あるがまま―胎教ならだれでも完璧にできる!

あるがまま―お腹の赤ちゃんのあるがままを認めてあげることは、 誕生を待ち望み、心から大事に思う気持ちがあれば誰にでも出来ると断言できる。 よりよき人生を生きて欲しいと わが子の幸せを願う気持ちを持たない母親がいるだろうか? それならば、ただひたすら妊娠中に胎教を実践してみることだ。 ただそれだけのことである。 何も今から難しいことを覚えたり、考えたりする

続きを読む

あるがままに認めてあげよう

胎児は夜泣きも、突然泣き出したりすることもない。 妊娠中の胎動が激しくなる頃には突然お腹の中で動き出して驚くことはあるだろう。 しかし、それを不快に思う母親がどこにいるだろう。 なんて元気な子どもだろう、 どんな顔をしているのか早く見てみたいわ ―というのが素直な心情ではないだろうか。 胎教として音楽を聞かせても絵本を読んでも 胎児からはその場で何らかの反

続きを読む

生まれる前からの全人教育

中国や韓国では、生まれたときにすでに1歳とする習慣がある。 最近は満年齢が浸透してきたようだが、 彼らにとって妊娠期間中の母の胎内での9ヶ月はすでに命としてカウントされているのである。 なるほど「胎夢」というジンクスもこうした考え方の基にあるのだろう。 それでは「全人教育」とはなにか? 玉川学園創立者であった小原國芳氏によれば、 健やかな身体と自活できる力を

続きを読む

胎教は知識詰め込みとは違う

まだ妊娠中から赤ちゃんに語りかけたり本を読んだりしている ―などと言ったら大部分の人は仰天するかもしれない。 胎内にいるときから「勉強」させるなんて!と。 勉強は嫌なもの、強制されてイヤイヤやるもの、 子どもはノビノビと、好きなようにやらせるのが一番とは 一体誰が言い出したことなのだろう? お隣の国、韓国でハングル文字が王の命令によって 人為的につくられたきっかけは、

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク