スポンサーリンク

悲しい曲や激しい口調は厳禁!

アメリカの天才4姉妹を胎教をし産み育てた スセディック夫婦の信念の一つに 「悲しいことや苦しいことは胎児には教えない」というのがあった。 なぜなら、この世に生まれ、生きていく過程の中で 必ずそういったことに遭遇せざるを得ないからだというのだ。 それならば、早くからそういったマイナスの感情を刺激するようなことは やめようということで二人の意見は一致していたと言う。

続きを読む

使う言葉も音楽もきれいに

妊娠中の胎教として、 母の胎内で音を感知し、さらには母の感情まで感じることができる胎児に 貴女ならどんな「音」をきかせたいだろう。 きれいで穏やかなもの、気持ちが明るくなるものであることは当然である。 また時々こういう経験をしたことはないだろうか。 整った容姿なのに、話してみるとガックリきてしまう女性。 口から出る言葉遣いの悪さだったり、 非常に乱暴な口調で話したり。

続きを読む

音は無限の力を持つ?

音とは何だろう? 難しい科学的概念は説明できないが、 人は朝から晩まで「音」に囲まれて生きている。 喜怒哀楽、人間のありとあらゆる感情を様々な形で表現できるのも音である。 その音を表現することを、 音楽家として生業にする人もいる。 また口からでる音―言語を通訳する仕事もある。 どの国の歴史の中にもそれぞれの時代によって楽器がつくられてきた。 「耳なし芳一

続きを読む

国際結婚の友人たちの体験談

国際結婚をした友人たちが多い。 旦那さんたちの国籍は多岐にわたる。 長い年月の中では様々な波風もあったかもしれないが 今も結婚生活を継続している彼女たちの妊娠体験は面白いものが多い。 夫の国に住んでいると食生活が異なることがほとんどだ。 妊娠してつわりなど始まると、 食べ物の好みが変わり非常に日本食が恋しくてたまらなかったとか、 いつもなら大好物の現地の食物を全く

続きを読む

母親とおなじものを食べている胎児

食物が、人間の肉体はもちろん精神的にも多いに作用しているということは 今更言うことではないだろう。 食生活についての良し悪しはここ近年次々と新たな説が出て来ている。 しかしどの説にも共通している部分として、 新鮮な野菜や果物が大事であること、 上質のたんぱく質と炭水化物の摂取、 飲用水の質と重要さ、 そして当然ながら農薬や添加物には充分な注意を払うこと に集約できる

続きを読む

毎日聞こえる母の声

妊娠4ヶ月で機能し始める耳 ―最初聞こえるのは一心同体である母親の声だ。 その声は胎児にとってはじめてとも言うべき大きな刺激だろう。 前にも書いたが、6-7ヶ月頃には母親以外の声や物音も 感知し始めるというのだから、 母の声なのか、他者の声なのか すぐに判別できる能力が備わることになる。 それならどんな感じに、 どんな風に母の声をきかせてあげたいと思うだろう

続きを読む

身体の器官の胎内での発達

あれ、生理が来ない、妊娠したかな?と 妊娠チェッカーで反応が出るのはほとんどが妊娠4週ころからだ。 実は驚くべきことにその頃にはすでに上下肢もできはじめ、 目や耳の形成、さらには胃、肝臓、腎臓、腸などの内臓も 分化しはじめるのだ。 さらには心臓が動き始め超音波で心拍が確認できるようになり、 脳脊髄のもとになる神経管も6週頃には完成し、 この神経管がやがて発達して脳を形

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク