胎教 知育 教材 人気1位…家庭保育園 (知育系)

ビッテ式 家庭保育園(びってしき かていほいくえん)

~胎教と乳幼児教育で天才児を創る!「家庭保育園」~

【ビッテ式 家庭保育園 教材 概要】
ビッテ式 家庭保育園は胎教~幼児教育までをがっちりと、
強力サポートしてくれる総合教材です。

カール・ビッテの教育法をもとにした
「胎児&赤ちゃんのための学校」です。

資料によると優秀・英才児(IQ130以上)出現率が83.55%だそうで、                              (2004年12月現在)
その効果を数字で知ることができ、安心できます。

また胎教で有名な「胎児はみんな天才だ」の著者ジツコ・スセディックさん
胎教論にとても近い教材だと思われます。

胎教教材の内容はとても充実しており、
おそらく、国内で、これほど充実した胎教教材はないでしょう。

教材は、胎教教室、第1~第6教室、特別教室とわかれており、
胎教教室と他の教室を組み合わせることにより、
さらなる効果を期待できます。

特に第2教室は、ビッテ式 家庭保育園の心臓部と言われており、
能力開発、心を育てるための必要不可欠な存在となっています。

教材の概要は以下の通りです。

商品概要 妊婦さんのための胎教教室
胎教・幼児教育用の第1~第6教室・特別教室まで分かれている。
対象年齢 胎児、0歳~5歳
価格・値段 胎教教室の教材と、第1教室~第6教室までの教材を
必要に応じて組み合わせ、並行して使っていくことになります。
価格・値段については、組み合わせによって異なりますので
公式HPの各教室の案内ページをご参照ください。
※公式ページビッテ式 家庭保育園

画面右側の「Menu」欄の「教材&システムの紹介」から各教室に入れます。
公式URL ビッテ式 家庭保育園

 

【ビッテ式 家庭保育園 胎教教材の内容】
胎教 教材の具体的な内容は

≪IMAGE BIRTH≫
(お産を楽にする方法や、胎教の効果など興味深い話題がつまっています)

・イメージバース 丹田呼吸法(CD)
(妊娠中のイメージトレーニング。安産をめざします)

・リラクセーション音楽集(CD)
(小川のせせらぎ、小鳥のさえずりなど自然の音とクラシックが融合されています)

・うたって あそぼう(CD)
(わらべうたが収録。近年、わらべうた・手遊び歌の存在が幼児教育界で
見直され重要視されてきていますので、わらべうたの導入として使えると思います。)

≪Mother’s Knowledge≫
(妊婦さんの心得や、妊婦体操、バストケア、
分娩や出産に関する情報が満載です。
この5冊の本があれば、安心してその日を迎えられることでしょう)

・妊婦さんになったら(冊子)

・妊婦さんの体の準備(冊子)

・分娩のための基礎知識(冊子)

・出産準備/入院準備(冊子)

・ベビー誕生(冊子)

≪胎教絵本≫
(胎話・胎談をしながら絵本とぬりえが楽しめます。
1日1枚ずつ行います。CDはおなじみの童謡が収録されています。)

・ようこそ!!あかちゃん こんにちは 16週~

・ママといっしょに がんばろう24週~

・天才のはじまり(ことば編)29週~

・天才のはじまり(数字・色・形編)29週~

・もうすぐたんじょう おめでとう32週~

・あかちゃんと うたおう(冊子・CD)
 

≪マタニティ カレンダー≫
(妊娠前期~妊娠後期までの胎教の取り組みを確認したり、
胎児の発育の状況を書きこんだりできます)

≪プリガーフォーン≫
(聴診器のような形をした胎児によりいっそうママの声を届けるツールです。)

≪すくすく日記≫
(ママの現在の心境など、なんでも自由に書き込める日記手帳です。)

≪ベビーダイアリー≫
(妊娠中のママ用日記です。おなかの赤ちゃんの様子を記録できます。
エコー写真なども貼れるので重宝します。)

 

【胎教教材としての私の評価】
※胎教教室のみを考慮しました。
他の教室を組み合わせることで強化することが可能です。

絵本:  ★★★★★
(自分で色をつけることができます。これは珍しいですね^^)

声掛け: ★★★★★
(絵本を使うと声掛けになれていないママでも簡単に
胎児に声掛けができるようになります)

音楽:  ★★★★★
(小川のせせらぎ、鳥の鳴き声などなど、心が落ち着きます)

教育:  ★★★★★
(ひらがな・かたかな・アルファベット・漢字・数と1通り行えます。)

食生活: ★★★
(気をつけることの基本的なことは掲載されています。基本のみです。)

サポート: ★★★★★
(ビッテ式 家庭保育園はサポート面が充実していることで定評があります。)

妊娠生活の知識や情報も詰まっていますので、
妊娠中にしっかりと胎教を行いたいとお考えの方は、
迷わず、ビッテ式 家庭保育園 を選ばれるといいでしょう。


※「ビッテ式 家庭保育園」の詳細については
販売元のHPで確認してください。
教材の内容については、販売元HPのほうが情報が最新で豊富です。
家庭保育園公式サイトはこちらです。→ビッテ式 家庭保育園

保存

保存